20年間、ハゲあがらなかった方法をお教えします。

20年間、ハゲあがらなかった方法をお教えします。

52105d8c3ecbfa60512ae9f236e0f1b4_l.jpg

普通に過ごしていれば、きっと前からハゲあがりまくり、つるつるになっていたかもしれません。

いまも、幸いに、前髪はほぼあり、写真撮影は、問題ない状態です。

20年前、親から「あんたは、20年後、つるつるになっている」といわれたこともありました。

そういう感じで、20年前からいわゆる「ハゲてきやすそうな」感じでした。

それでは、どうすれば、禿げ上がらなかったのでしょうか?

1.頭の皮膚をつっぱらせなかった。

 これが、非常に重要です。頭の皮膚が、つっぱる、もしくは、かたくなると、もうすぐにハゲます。

 ハゲた人の画像をよくみると、皮膚がかたくつっぱり、血管も浮き出ています。

 そうしないようにすると、髪は残ります。

2.1で述べた頭の皮膚をつっぱらせないようにするには、どうしたか?

 頭の髪のしたのほうから、頭皮が緩むようにマッサージをしました。ようするに、頭の皮膚がゆるくなり、血管が通れば、血が通えば、髪は生え続けます、多分。皮膚が硬くなり、血がかよわなくなれば、毛は抜け、ハゲます。

3.2と同じですが、激高しないことです。

 よく、漫画でハゲたおじさんが血管を浮き上がらせた状態でいかっています。怒り狂うと、髪、頭皮がつっぱり、ハゲが加速すると思われます。つまり、ストレスをためず、怒りくるわないことです。

4.最後に、当たり前ですが、発毛剤を使うことです。

リアップのX5を使っています。






以上が、20年間、ハゲあがらなかった方法です。

突然、禿げ上がるかたがいますが、若いうちは若さゆえにそのスピードが尋常じゃないです。

ということで、自分のやってきた方法をかかせていただきました。










 
 


小役カウンター
スロットジェーピー
スマホカラオケブログ
芸能裏情報ニュースブログ
おもしろ動画ブログ
スロトの拳